チタン冠

チタン冠はその名の通りチタンを使用し、鋳造工程により製作される歯科補綴物です。チタンは金属の中でも比強度(軽いのに強靭)、耐食性が高いことから宇宙、航空産業で広く利用され、医療においてもチタンのもう一つの特徴である高い生体親和性から人工関節などでも利用されてきました。
口の中でも歯科補綴物に加わる力は異なりますが、特に物を噛み砕く大臼歯部ではその咬合圧は極めて大きくなります。上述の保険診療のCAD/CAM冠では咬合圧への対応が難しい大臼歯部(第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯)へのチタン冠の適用が認められました。
チタンは古くから高い生体親和性が歯科医療用途に向いていると言われてきましたが、その加工、特に金属を溶かして成形する鋳造が難しいため利用が限定的でしたが、近年の鋳造技術の進歩により精密な適合が求められる歯科補綴物への適用が可能になりました。チタンは金属の中では比較的新しい材料であり、金属アレルギー発症のリスクが低いと言われています。

前のページに戻る