CAD/CAM冠(コンポジットレジン)

CAD/CAM冠はコンポジットレジンのブロックをCAD/CAMという機械で削り出して製作される歯科補綴物です。コンポジットレジンとは、レジン(歯科用プラスチック)の特徴「耐衝撃性・粘り」とセラミックス(陶磁器)の特徴「美しさ・強さ」の長所を併せ持つ新素材です。
従来の金属を利用した歯科補綴物に比べ、天然歯に近い色調や透明感を持ち、口の中でも目立ちやすい場所への適用は大きく審美性を改善します。またアレルギーへのリスクを下げ、金属適用により生じることがある歯肉の黒ずみも避けることができます。
現在、前歯(中切歯〜犬歯)、小臼歯(第一小臼歯、第二小臼歯)、条件付き(上下顎両側の第二大臼歯が全て残存)で第一大臼歯に対し、保険診療でこのCAD/CAM冠が適用できるようになりました。